いつから養育費支払いの請求が認められるのか

子育てになくてはならない養育費は、事前に離婚前に片付けておくのが最も良い方法です。離婚した後では、話し合いの場に来ない、応じてくれないという場合もよくあるようです。離婚を円満に行なうことは稀なので、煩わしい離婚の話し合いは手短に済ませようと感じる人も少なくないでしょう。

この投稿の続きを読む »

養育費の支払いがストップした場合はどうなるのか

離婚した後の養育費は、子どもが親元から独り立ちするまでの長期間払うお金です。そうした理由から、途中から払えなくなるというケースも珍しくなく、養育費の支払い遅滞になるケースが8割もあるとの情報もあります。養育費はお互いの話し合いによって決められるため、口約束または覚え書きを残すだけの人も多いようです。

この投稿の続きを読む »

これまでの養育費が支払いが困難になる事例

離婚時に設定した養育費は、事情が変化することで金額が増減する事態が生じることもあります。

例えば元夫、元妻の再婚があるでしょう。支払っているのが父親であれば、再婚で扶養義務の必要が生じる家族が増えて、それまで払ってきた金額を継続するのが困難になるケースも多々あります。こういったケースでは、養育費の減額を相手に申し入れることができるのです。

この投稿の続きを読む »

養育費の支払い金額が変わる場合

子どもを引き取り育てる親は離婚時に、離婚をするパートナーに対して養育費を請求可能となっているのです。養育費用の金額は、夫婦でしっかり話し合った上で決めましょう。

この投稿の続きを読む »

養育費が支払われる期間

養育費は、子どもが一人前に育っていくために必要となるお金のことをいいます。そもそも養育費の支払いは生活扶助義務には該当せず、生活保持義務と呼ばれる義務に含まれます。このことは、金銭面で余裕のある時に払えばよいというものではなく、自分の生活に余裕がない場合でも支払いが求められている義務です。

この投稿の続きを読む »

無料で法律相談 法テラス

離婚の際には、お互いにいくつか詰めていかなくてはならないことがあります。養育費や慰謝料、それから財産分与といったように、離婚と金銭は密接不可分の関係にあります。

この投稿の続きを読む »

養育費の支払い義務

子どもがいる離婚というのは不安になることも多く、なかでも子どもを親一人で育てる上での経済的な面での悩みは相当なものでしょう。
離婚で片親になることで収入が減少してしまうと、今まで通りの子育てとはいかなくなり、子どもに不利益が起こります。

この投稿の続きを読む »

養育費の金額を計算する方法

意を決して離婚に踏み切ると、いろいろと話し合ってあらかじめ決めておくことがあります。養育費もその一つです。離婚のせいで子どもが経済的不利益を被ることがあってはなりません。必ず子どもが受け取ることのできる権利として、法律で養育費のことが決定されているのです。

この投稿の続きを読む »

養育費の仕組みについて

子どもを伴っての離婚を心に決めたとき、配偶者間で養育費についての相談をする機会を設けなくてはいけません。
養育費の仕組みについては、子どもが独り立ちするのに欠かせない衣・食・住や、教育、医療などにかかる費用のことを言います。
子どもの先を見据えて養育費の金額を、夫婦で話し合うか、もしくは家庭裁判所の調停、審判で決めていきます。

この投稿の続きを読む »

離婚と養育費

離婚という言葉からは、慰謝料と共に養育費という語句を耳にすることが多いでしょう。慰謝料は夫婦が分かれる際に、配偶者からおった心的、身体的な痛みや苦しみに対して払われるお金のことです。
離婚の時に発生する慰謝料は離婚の相手へのものですが、養育費とは子供に対してのお金です。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ